葬儀後のお手続き

挨拶回り

葬儀関係者(葬儀委員長、世話役、ご近所、会社、学校関係等)へご挨拶

香典返しの手配

35日または、49日の忌明けに挨拶状を添えて行います

法要

忌明け法要(埋葬)

集骨しました御遺骨は、49日まで家の祭壇にご安置いたします。
埋葬は49日におこなうものですが、最近では皆様の出席しやすい49日前の、土曜日・日曜日の休日に行う事が多くなっております。
ご住職と日程の調整をして、早めに通知を出しましょう。
出席して下さる人数がきまりましたら、お塔婆・法要後の会食の準備を致します。
埋葬当日準備するものは、御遺骨・埋火葬許可書・白木位牌・本位牌・生花・お供物・使用許可書(霊園の場合)等です。

開眼供養

新しく用意しましたお位牌・墓石には、ご住職により故人の魂を迎え入れて頂きます。
開眼供養は、単独で行われる事は少なく、忌明け法要(埋葬)と一緒に行われる事が多いようです。

年忌法要

お亡くなりになられた方の祥月命日に行われる法要です。
一周忌:お亡くなりになった翌年におこないます。
三周忌:一周忌の翌年におこないます。
その後、七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十五回忌・二十七回忌・三十三回忌・三十七回忌・五十回忌と続きます。

彼岸

春分・秋分の日を中日とし前後3日間をあわせた7日間のことで、煩悩や迷いに満ちたこの世を、こちら側の岸「此岸(しがん)」と言うのに対して 向こう側の岸「彼岸(ひがん)」と言います。
彼岸の7日間のうち、春分と秋分の日は太陽に礼拝し遥か彼方の極楽浄土に思いをはせ ご先祖様に感謝する日とされ、残る6日は煩悩や迷いに満ちた此岸にある者が、悟りの世界「彼岸」へ達するために必要な6つの徳目、六波羅蜜(*)を1日に1つずつ修めるための日とされています。
彼岸のお供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は同じ物で、これらの名は 彼岸の頃に咲く牡丹(春)と萩(秋)に由来すると言われています。

(*) 六波羅蜜 : ブッタを目指す菩薩が修めなくてはならない、6つの実践徳目のこと。
 ・布施波羅密―分け与えること。(財施・無畏施・法施=布施)
 ・持戒波羅密―戒律を守ること
 ・忍辱波羅密―耐え忍ぶこと。あるいは怒りを捨てること。(慈悲)
 ・精進波羅密―努力すること
 ・禅定波羅密―特定の対象に心を集中して、散乱する心を安定させること。
 ・智慧波羅密―物事をありのままに観察する。 思考に依らない、本源的な智慧を発現させること

お盆供養

お盆は、正式には盂蘭盆会といいます。
お盆の行事は、盂蘭盆会の目連尊者のお話に由来します。
目連尊者は御釈迦様の弟子で、神通力が一番でした。
亡くなった母親が餓鬼道に堕ちているのを救う為、御釈迦様の教えで七月十五日に多くの僧侶や貧しい人々に飲食物を施しました。その功徳で母親は、極楽往生ができました。 そのため、七月十五日は、ご先祖様・亡くなった父母に供養を行う日となりました。
現在では、各地の風習・宗派による違いもありますが、ご先祖様の霊が帰ってくる期間とされています。
お盆は、七月十五日を中心に、十三日がお迎え盆、十六日に送り盆を行います。また、八月に月遅れのお盆の行事を行う所もあります。 これは、農作業が七月では忙しいので、余裕のある八月に行う為です。
多くの地方ではご先祖の霊を迎える精霊棚(盆棚)を十三日の朝に作り、お位牌を安置しお供えをします。
十三日の夕方に、お墓参りをしてご先祖の霊をお迎えします。これを精霊迎えと言い、霊が迷わずに帰る事が出来るように迎え火を焚きます。お盆の間にご住職様に御経(棚経)をあげていただきます。
十六日にご先祖様の霊をおくるために、送り火を焚きます。(精霊送り)

忌明け後、最初に迎えるお盆を新盆と言い、白いお提灯を用意して、初めて御帰りになる仏様が迷わずに家に帰る事が出来るように、玄関や窓の外に飾ります。

諸手続き

市町村

  • ・葬祭費の請求(社会、国民健康保険)
  • ・遺族の国民保健加入

社会保険事務所

  • ・遺族年金の請求(厚生、国民年金)
  • ・葬祭費の請求

労働保険監督署

  • ・遺族保証年金の請求(労災保険)

生命保険

  • ・生命保険の請求(死亡後2ヶ月以内)

税務署

  • ・医療費控除の還付請求
  • ・所得税確定申告
  • ・相続税の申告

公共職業安定所

  • ・未支給失業保険の請求

勤務先

  • ・死亡退職届の提出
  • ・扶養控除異動届
  • ・役員変更
  • ・身分証明書の返却

銀行・郵便局

  • ・預金、貯金の支払請求
  • ・口座名義変更

不動産関係

  • ・各種名義変更

陸運局

  • ・自動車の名義変更
  • ・納税義務者の変更

電話・電気・水道

  • ・名義変更

その他

  • ・ゴルフ会員権、その他名義変更、継承手続き

* 詳細は各担当役所、会社、税理士等専門家にご相談ください。

葬儀のご案内

もしもの時は...

「どうしよう」と思ったとき、まずお電話下さい。
24時間365日お迎えにあがります。

フリーダイヤル

詳しくは専門家にご相談下さい(弊社でもご紹介致します)

■ 年金・葬祭費に関する事
…社会保険労務士
■ 確定申告・相続税申告等に関する事
…税理士
■ 相続・その他法律に関する事
…弁護士
又、各役所等でも教えて頂けます。
ご利用下さい。